MENU

キリスト教のお墓の価格やデザイン

キリスト教のおのデザインや教会墓地と葬儀価格。キリスト教のお墓建立ガイド。キリスト教信仰者のお墓の理念や葬りの儀式。教会員弔いの重要な代金は、追悼オルガン奏者へのお礼、建物利用代金、霊園などになります。

 

お義父さんのために基督教追悼を、ご令息よりご希望いただきました。

 

95才でお亡くなりになられたため、御兄弟はもう他界しているという事情のため、遺族や親族のみでのキリスト教葬送をご要望くださいました。

 

お父様もご親族も、特定のチャペルへは属していないようですが、イエス様への信仰はあり、ご自宅にてご家族と共に賛美を捧げることがいくえにもおありだったようです。

 

お父さんが救いを確信して息を引き取ったわけですから、喪主さまたちは哀惜はおありながらも、神さまの御許に召されたということを信じて安心しているご様子でした。

 

 

キリスト教の葬儀とお墓

 

日本の地でキリスト教を信じようとするとき、立ちはだかる難題というのは墓守りをどうするかが多いと思います。

 

長男なので先祖のお墓を継がなければならない方。

 

亭主が仏門の墓を持っている家柄であるから、自身もそこへ骨を埋めなければならないキリスト教を信仰しているお嫁さん。

 

夫婦で信仰が違う際、お墓をどうするのか。

 

墓守りの問題は、子孫にしてみればものすごく大切な物事でありますので、トラブルになることが多々あると思います。

 

 

キリスト教の墓石と葬儀の意味

 

基督教信仰者が墓を建てる要旨は、死者の復活のために備えるためである。

 

世の終末には、全人類が復活させられて、最後のジャッジメントを受けることになるとバイブルに伝えられています。

 

決して、遺骨と繋がりがないわけではない。

 

イスラエルにあるオリーブ山には、イエス様の再臨が来た時に即座にお墓の中から甦らされて、キリストのもとに携挙されるようにと、多数のクリスチャンが石の棺の中に体を埋葬しています。

 

こういったキリスト教の復活信仰のために墓石へお骨を安置するのが、キリスト教信仰者にとってのお墓の意味です。

 

 

理由は定かではありませんが日本では、聖書を信じている人というのはお墓参りをしないというような先入観が広まっていますが、聖書信仰者は墓前祈祷を捧げます。

 

基督教記念会電話受付の葬儀は、宗教者が隣人愛の精神で対応します。

 

 

キリスト教葬儀や墓石業者

 

必要な際は、基督教葬式援助センターに電話してください。

 

亡くなった老人ホームに業務用車にて運びに伺います。

 

親族の皆様とともに棺に入れることを行います。

 

葬儀場に移って、故人を告別します。

 

司祭が御遺族を道案内します。

 

召された方の生涯に感謝し、お祈りをするようにします。

 

司式者が的確な聖書のみ言葉を取り次ぎます。

 

故人を告別して、追悼します。

 

クリスチャン追悼窓口対応の一日での葬儀は、お食事の時を持ちます。

 

家族葬は、前夜式と葬送の式を開催します。

 

安心感のある生花祭壇を用意して、家族や親戚と故人様を想い出を分かち合います。

 

奉仕者は皆様と共に葬儀式場に行きます。

 

一般的なお葬式は会社の仲間やフレンドを招待します。

 

教会員の弔いで聖書を語る奉仕者の依頼のみでも大丈夫です。

 

近郊の葬儀会社に申し込んでいるけれども、聖書の宣言は信頼できるパスターに頼みたい方へ。

 

一流の公演者による賛美での告別式。

 

 

葬祭業者は、遺体の運輸から葬儀場の準備、葬礼の段取りまで全部引き受けます。

 

喪主様は、お見送りのすべてを段取りし、お金を負担するという大変な務めがあります。

 

 

キリスト教の墓石や葬儀の費用

 

キリスト教信仰者の告別式を行いたいが、お寺の墓地はどうしたらいいのか?お骨を移したいが、代金が安い仕方は?教会員弔い窓口センターでは、納骨堂の紹介や納骨も支援しております。

 

告別式に必要なコストが割高であるから弔い式に安くしたい。

 

バブルの時代には弔い式の金額に沢山を費やしても、今時では異なる。

 

葬儀業者の営業マンは、商業的なトークで私たちの不遇につけこんでくる。

 

自分の経済のあり方や信仰事情に応じたお葬式を執り行うには何をすればいいのか?。

 

追加の値段が全然なく、総額の葬祭費用を認識するには?。

 

書類を送ってもらい、書で必要経費を確認してください。

 

御骨を改葬したい。

 

価格が抑えられるやり方は?葬式サポート受付では、お墓の紹介や建立もサポートしております。

 

日本での追悼の式は、とっても金額が割高なので知れ渡っている。

 

 

キリスト教信仰者葬礼についての口コミ。

 

母上のためにキリスト者葬礼を自分の家で執り行いたい、とのお問い合わせを娘からお聞きしました。

 

10年前に他界したお父上はよくチャーチにご出席していて、母も同伴して礼拝を捧げることもよくあったそうです。

 

ご主人が召されてから、よくバイブルの福音を学ぶようになったとおっしゃっていました。

 

牧師から洗礼を受けたわけではなく、宗教組織に入っていたということでもないですけれども、お母様のためにチャーチの司祭に祈って欲しいとのご要望を仰せつかり、自分の家にて基督教葬礼を執り行わせていただきました。